生え際の産毛が伸びない

生え際の産毛が伸びない原因とは一体・・?

 

「生え際の産毛ってなかなか伸びないよな?」

 

生え際が薄くなる段階までハゲると、育毛剤を駆使しても

 

なかなか思うように産毛が成長しません。

 

 

おそらく、育毛に対して本気で取り組んでいる人ほど

 

実感されているのではないでしょうか?

 

 

毛穴から産毛が生えるところまでは育毛剤で何とか実感した。

 

でも、生え変わった産毛が伸びないのはなぜなんだろう?

 

 

結論から言ってしまうと

 

「髪の毛の成長に不可欠な成長因子(IGF-1)が不足している」

 

これが非常に大きいです。

 

 

通常、毛穴から出た産毛と言うのは、

 

1か月ほどで1センチ伸びます。

 

そして、フサフサの人だと2年から5年は伸び続けるんですね。

 

 

しかし、AGAになると、成長因子「IGF-1」が極端に不足するので

 

新しく生え変わった産毛が成長期を全うできずに

 

育つ前に簡単に抜けるような状態になっているのです。

 

 

成長因子「IGF-1」というのは、

 

フサフサの人でも年齢とともに減ってしまうのは

 

言うまでもありませんが、特にAGAで悩む男性の場合、

 

薄毛に導く男性ホルモンDHTがきっかけで

 

さらに減少させられてしまうんですね。

 

 

なので、AGA対策として男性ホルモンDHTを作らせないケアは

 

絶対不可欠ですが、薄毛の回復までさせようと思ったら

 

 

成長因子「IGF-1」を増やす育毛もまた取り入れないと

 

いつまでたっても産毛が伸びずに薄毛から回復できない

 

ということになります。

 

 

そこでお伝えしたいのが、

 

唐辛子に含まれるカプサイシンと大豆に含まれる

 

イソフラボンとの同時摂取が、成長因子を活性化させる

 

“IGF-1”という物質を効率よく増やし、

 

産毛が成長する為の成長因子をどんどん増やす仕組みを作ってくれます。

 

 

育毛で成功させるためにはIGF-1を増やすことは必須です!

 

IGF-1を増やすことでヘアサイクルの成長期が長く維持されるので

 

産毛が伸びないと悩んでいる方は今すぐ対策を始めてください。