産毛が育つ期間

産毛が育つ期間と上手に育てるための極意とは?

産毛が育つ期間って気になりますよね?

 

通常、毛穴から出た産毛がなんの妨害もなく成長すれば

 

1か月で1p、1年間で12pになると言われています。

 

 

正直、3か月も育て上げることができれば

 

それなりに太い毛になっているはずです。

 

 

しかし、多くの場合

 

生え際の産毛を上手に育てることができないため、

 

生え際が薄いまま薄毛からなかなか脱出できていない

 

というのが現実ではではないでしょうか?

 

 

ズバリ!「産毛を育てる為には、産毛の成長を阻害する

 

原因を取り除いてあげないといけません」

 

 

なので、ここで産毛の上手な育て方について知ってくださいね。

 

 

さて、AGAになると、抜け毛が増えるだけでなく

 

髪の成長にブレーキがかかったような状態になります。

 

要するに髪は成長したくても成長できない状態に

 

なっているのです。

 

 

このブレーキがかかった状態に、どれだけ優れた発毛成分を

 

毛穴から注ぎ込んでも大した効果が得られないと言う事実。

 

 

そうです。

 

産毛を育てる為に重要なのは発毛させることではなく

 

産毛が育ちやすい環境づくりに徹することが

 

産毛を上手に育て上げる極意なのです。

 

 

これをやることで産毛も徐々に成長して変わって行きます。

 

そして、1年間抜けずに上手に伸び続けることができれば

 

ある程度は薄毛から脱却できるんですね。

 

 

ズバリ!産毛が成長を邪魔されずに元気よく育つには

 

日々の5αリダクターゼ対策をし、薄毛の根本原因である

 

男性ホルモンDHTを作らせないようにする必要があります。